建物竣工-引渡し

ダイニングダイニング平成19年4月1日撮影

営業所の所長さんと現場監督と共に引渡の儀式を行いました。今後の保証やメンテナンス方法、修復キットの説明などを聞いた後、メインイベントの引渡の儀式です。
玄関扉の鍵を袋から取り出し玄関扉をロックします。工事用のキーが使えなくなったことを確認し、引渡の紙に印鑑を押して儀式が終了します。これでこの家の主となりました。

引渡の日に即入居も可能なのですが、住友不動産からの発注作業ではないカーテンやフローリングのコーティングなどの作業は引渡後からでないとできません。その関係で引越しは2週間後に設定しています。

引越しまで2週間あるけど不具合のある壁紙を早く修正してもらわないと、壁紙のコーティングやカーテン工事に入れないため、住友不動産には早く対応するようにお願いしました。クロスの修復→フローリング・クロスのコーティング→カーテン工事の順番で作業することになります。これだけの作業を2週間で終わらすことが出来るのだろうか?

この他にも、ケーブルテレビやBフレッツの工事もあるので、妻には毎日のように通ってもらうことになるでしょう。
この日はカーテン屋さんと色合わせの打合せを行った後、テーブルもない部屋で家族だけでお祝いして、和室に布団を敷いてみんなで川の字で寝ました。

line
寝室寝室平成19年4月1日撮影

まだ、まだ、壁紙は最悪です。付箋を貼りまくり状態です。

最後に。。。。。
妊娠中の妻が土地探しや建物のプランニングに積極的に行動してくれたことと、遊び盛りの愛娘が楽しくもない土地探しやハウスメーカーとの打ち合わせに付き合ってくれたことを感謝します。家族全員の協力で建てた家と共に素敵な思い出を作って行きたいと思います。

ありがとうございました。

建築日記 : 2007年4月1日

このページは情報収集に役にたちましたか?
まったく役にたたない もう少し情報が必要 とても役にたった
Powered by ahref.org